花たより

■現在はシーズンオフですが、秋は遊歩道ウォーキングがおすすめで牧草地の眺めも雄大です。
 歩いた後はレストランで食べるも良し飲むも良し、爽やかにリフレッシュしましょう。。

■梅雨に入った模様と気象庁は言うけれど、晴れ続きであります・・・・・
 晴れの国岡山と言われると、晴れている日が全国一と思うが実は、県庁所在地における降水量1mm未満の日数が全国最多であることから、
 1989年から「晴れの国岡山」を県の標語としている。
※ちなみに晴れの日が多い一番の県は「香川県」、岡山は16位。1位~4位まで四国4県が独占。

  ■ラベンダーシーズンの先陣をきって  「ストエカス」が開花しています。
    6月8日。現在 
  

 

 

 

 

 

                                         ▲カレンダーには7種類ですが、
                                         「ヒッドコート」が加わります、早崎3号の頃咲ます。
    
                                          
             

    

■ヨーロッパの南西部が原産です。「フレンチラベンダー」とも呼ばれています。花穂の先端に花弁のような花苞があるのが特徴です。 
 花期はふつう春から初夏にかけてですが、春と秋の2回開花するものもあります。夏の暑さにつよい反面、寒さにはやや弱く半耐寒性です。  

 

■早咲3号も咲始めています。  6月9日、現在


 

 

 

 

 


    

■濃紫早咲きは”のうしはやざき”と読みます。略して早咲き3号と呼ばれることがあります。
 品種名ではなく愛称としてこいむらさき と呼んでいるところもあります。つぼみのころから美しい紫色になるので、鑑賞期間を長く楽しめます。
 香料を取るための優良品種からは外れましたが、鑑賞用に栽培されているそうです。
 つぼみが丸っこいので愛らしいです。一般には香が弱いと言われていますが、ラベンダーの香を楽しめると思います。







 

 

 

 


深い紫色の小花を密に咲かせ、非常に香りの良いコンパクトなラベンダー。
早崎3号と比べると草丈、花が小ぶり。
:利用方
薬用・料理・ティー・染色・クラフト・ガーデニング等の利用に向いている。
花を肉料理の臭みけしや風味づけ、ケーキやクッキーなどに焼きこむ。
ドライにした花をお茶にする。安眠とリラックス効果があり、茎葉を混ぜて
お風呂にもよい。殺菌や収斂効果もあり化粧品に使われている。
ポプリを袋につめ、枕もとに置くと安眠を得られたり、シューズキーパーに
すると防臭効果がある。花色が濃いのでドライフラワーや切花向き。








               










 ラムズイヤーの白い毛で覆われた葉は、ぬいぐるみのように心地よく、  一般には、英語に従って、果実や葉を乾燥したものを香辛料として
 柔らかな手触りで、lamb's ear(羊の耳)の名前にぴったりです    「コリアンダー」(英語: coriander)と呼ぶほか、1990年代頃から
                                  いわゆるエスニック料理の店が増えるとともに、生食する葉を指して
                                  「パクチー」(タイ語: ผักชี)と呼ぶことが多くなった。